厳しい冷え込み(((**)))

投稿日:

できることをできる時に『誠意いっぱい、精一杯』

万木 豊です(第23号)

3月に卒業予定の県内の高校生の就職内定率が去年11月末時点で89.9%と高い水準になっています。

人手不足感が強まる中、企業のおう盛な若い人材の雇用意欲が背景にあるとみられます。
滋賀労働局によりますと、去年11月末時点で就職を希望していることし3月に卒業予定の県内の高校生2358人のうち、就職が内定している生徒は2119人にのぼり、就職内定率は前の年より1.4ポイント上昇し、89.9%となりました。この数字はリーマンショック直前の平成19年11月の88.9%を超える高い水準となっています。就職を希望する側に有利な売手市場は当面続くとみられています。ガンバレ・若者!!

24日の滋賀県内は、強い寒気の影響で県内各地で気温が平年を下回る厳しい冷え込みとなりました。今朝、7時前の気温は-1°。その後も上がることはありませんでした。夕方から降り出した雪。。。道路や湖西線の影響が最小でありますように。

毎月、一度はお手伝いしたい・・・そう思いスタートしたシーツ交換1ヶ月??いや2ヶ月ぶりぐらいにお手伝いさせていただきました。久しぶりやったので腰にきたなぁ~よし、また頑張ろう^^

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください