乞うご期待(^_^)

投稿日:

できることをできる時に『誠意いっぱい、精一杯』

万木 豊です(第87号)

滋賀県の人口は、2045年までの30年間で15万人、率にして10%余り減少するとする推計を、国立社会保障・人口問題研究所がまとめました。市や町の中には人口が40%以上も減少するところがある一方、逆に増加する自治体もあるなど、二極化がよりはっきりと浮かび上がる結果となりました。
ちなみに滋賀県全体の人口は2045年には126万3000人となり、2015年と比べて15万人、率にして10.6%減少すると推計されています。
全国的には東京を除くすべての道府県で人口が減少するとされていますが、滋賀県の減少率は東京を除くと全国で5番目に低くなっています。
ただ、市町ごとに見ると、2045年までの30年間で15の市と町で人口が減少し、特に、甲良町で42.8%、多賀町で37.1%、高島市で34.9%となるなど、8の市と町で20%を超える減少率となる見通しです。
その一方で人口が増えるところもあり、増加率は、草津市で6.2%、栗東市で5.6%、守山市で5.4%、愛荘町で3.4%と推計されていて、二極化がよりはっきりと浮かび上がる結果となりました。

高島市でも、若い世代の希望を叶えるための『新婚生活支援事業』や『妊婦健診に要する費用の全額補助』 『第2子以降の保育料完全無料化』 『中学生までの医療費助成』などの予算が3月定例会で可決されたばかりです。迫りくる人口減少をどう食い止めるか・・・このハードルを乗り越えなければ高島市の発展は無いと言っても過言ではありません。

仲良くして頂いているおばあさんから大量のお野菜を頂きました。ネギにちょっとちっちゃな大根採れたてなのでもちろん超新鮮嬉しいもんです。何がってその気持が(^_^)

土日は久しぶりに街頭演説をしようと思っています。明日は時間的に厳しいかな・・・いずれにしてもFacebookTwitterでその日の動向を告知します!乞うご期待(^_^)

センバツ甲子園、今日は智弁学園、智弁和歌山の関西勢が登場しました。素晴らしい好ゲームで盛り上がりました。明日は4試合に関西勢が登場!彦根東、近江高も登場します。メジャーもセパ両リーグも開幕しました。しばらく野球一色になりそうですね。楽しみ^^

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください