知覧特攻平和会館へ!

日記

できることをできる時に『誠意いっぱい、精一杯』

万木 豊です(第137号)

本日は会派の専務調査研修で鹿児島に来ています。3日間の研修で本日は鹿児島、明日は熊本、最終日は長崎へ向かいます。

まず本日は6:53安曇川駅発の新快速で新大阪駅に移動。新大阪駅からはバスで伊丹空港へ。その後は空路で鹿児島へ。簡単な昼食をすまし予定通り知覧特攻平和会館に到着。

知覧特攻平和会館は第2次世界大戦末期の沖縄戦において、特攻という人類史上類のない作戦で、曝装した飛行機もろとも艦隊に体当たり攻撃をした陸軍特別攻撃隊員の遺品や関係資料が展示されている資料館です。
滋賀県からも17名の若者が特攻隊に参加され10名の隊員が犠牲になられました。高島市からも1名の若者が犠牲に・・・
講話をお聞きし、3名の隊員の最期の手紙をご紹介いただきましたが。。。もぅ言葉では表現できません。そうとしか言いようが無いのです。
自分の息子のような世代の子どもたちが、特に母あてに本当は死ぬのは怖いし悲しいと書きたかったんだろう。しかし、そう書けば残された親や家族が後々苦しむだろう、そう考えたんだろうなぁと思いました。だから、笑って行きます・・・なんて表現になったのかもしれませんネ。

ちっぽけな事で悩んだり落ち込んだりしている自分が少し馬鹿らしく幼稚に思えました。残念ながら館内は撮影禁止ですので入り口での写真や富屋食堂の写真や館外の風景ををアップさせていただきます。二十歳になる息子も中学校の時に来た知覧特攻平和会館に本当に来てよかったです。こちらが三角兵舎。こんな所であの遺書が書かれていたんですね・・・胸に突き刺さる物があります><

明日は熊本市で『あの震災』からの復興状況を確認しながら、震災から学ばれたこと等を中心に研修させて頂こうと思います。

毎年・恒例の囲む会を開催させて頂きます。こちらからでも受付OKです。

TEL0740361234 FAX0740361367 mail:info@yurugi.biz 皆様のご参加をお待ちしています。

ゆたチャンネル』  

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧