気象庁は10日、昨年夏から続くエルニーニョ現象がさらに強まる傾向にある、と発表しました。
この影響で、日本付近を西から東に流れる偏西風が平年よりも南を通過し、太平洋高気圧の発達を弱める可能性があるとのこと。
この結果、梅雨前線の北上が緩やかになり、全国的に梅雨明けが遅くなる可能性があるというものです。
一方、地球温暖化の影響で、エルニーニョ現象による夏の低温傾向は顕著ではなく、気温は平年並みの見通しとしています。
大雨や日照不足が無ければヨシとしなければならないのいかもしれません!!
11045305_809192092493968_8929481891