できることをできる時に『誠意一杯、精一杯』 万木 豊です(第229号)1013958_493431907403323_897423647_n

強い台風15号に向かって湿った空気が流れ込むため、滋賀県内は大気の状態が非常に不安定になっています。
このため、26日未明にかけて、局地的に雷を伴って1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
26日夕方までに降る雨の量は、多いところで、北部・南部ともに120ミリと予想されています。また風も強まり、午後1時すぎに甲賀市土山では26.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。
26日にかけて、最大風速は、びわ湖で17メートル、陸上で15メートル、最大瞬間風速は、いずれも30メートルと予想されています。
低い土地の浸水や川の増水、土砂災害、強風、それに竜巻などの突風や落雷に注意、また湖西線をはじめとする鉄道などのダイヤの乱れにも注意しなければなりません。

全国の小学6年生と中学3年生を対象に、4月に行われた全国学力テストの結果が公表され、滋賀県は去年に続いて小学校、中学校ともにすべての教科で全国平均を下回りました。
テストは国語と算数・数学が、基礎的な知識をみる「問題A」と知識を活用する力を問う「問題B」に分けて出題され、3年ぶりに理科も出題されました。
その結果、滋賀県の児童・生徒の平均正答率は、公立の小学校、中学校ともに、去年に続いて2年連続ですべての教科で全国平均を下回りました。
都道府県別に児童・生徒の正答率を見ますと、滋賀県は、小学校の国語Aで38位、国語Bで42位、算数Aで45位、算数Bで38位、理科で46位。
また中学校の国語Aで41位。国語Bで42位、数学Aで27位、数学Bで41位、理科で43位となっています。
全国平均との差では、小学校では、理科はマイナス2.8、算数Aでマイナス2.5、中学校では、理科でマイナス2.7、数学Bでマイナス2.4と、特に差が開いています。

 

昨年のデータでは高校になってからは伸びているとのことでしたが・・・今年はどうなんでしょうか???

 

今日はとても、いいことがありました。♥。・゚♡゚やる気がみなぎってきます(^^♪明日からもがんばろう!!

 

11045305_809192092493968_8929481891こちらは万木ゆたかFacebookのQRコードQRCODE_1434195116527

世界ユース選手権(17歳以下)で2冠を制したサニブラウン・ハキーム選手は、予選4組で男子100メートルで銀メダルを獲得したジャスティン・ガトリン選手(米国)らと対戦し、20秒35で、1着のガトリンに次ぐ2着で準決勝に進出しました。ちなみにガトリン選手は200メートルで今季世界最速、歴代5位の19秒57をマークしています。

日本人最年少代表のサニブラウン・ハキーム選手はこの日、16歳172日。なんと世界選手権最年少記録を更新しました。とんでもない高校生が現れたものです!!